アラフォー新米パパのコツコツ投資日記

仮想通貨投資、確定拠出年金、株や投資信託の現物取引について体験談を書いていきます

仮想通貨 資産運用

GMOコイン口座開設方法【本人確認も分かりやすく解説】

投稿日:2017年12月4日 更新日:

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。

今回は、実際の体験談として、「GMOコインの口座開設方法」を紹介したいと思います。

GMOコインは、2017年11月29日より、リップル(XRP)の取り扱いを始めました。

リップル(XRP)を取り扱う日本の取引所では、チェックコインが有名ですが、スプレッドが約1.6円と高い為、GMOコインの口座開設をおすすめします。

GMOコインのリップル(XRP)のスプレッドは、現在キャンペーン中で0.3円です。(2017年11月29日~2017年12月27日まで)

また、キャンペーンが終了しても、スプレッドは1円である為、コインチェックより割安です。

それでは、GMOコインの口座開設方法を説明していきます。

 

<取引所「GMOコイン」の口座開設の方法>

1.GMOコインのアカウントを作成する

まず、GMOコインのウェブページで「無料口座開設」をクリックします。

→「GMOコイン公式サイト」はこちら

 

アカウント作成方法には、「Facebookアカウント」や「Googleアカウント」を選ぶこともできますが、今回は「メールアドレスで登録」します。

1)メールアドレスを登録する

アカウント作成方法には、「Facebookアカウント」や「Googleアカウント」を選ぶこともできますが、今回は「メールアドレスで登録」します。

まず、①メールアドレスを入力し、②「私はロボットではありません」にチェックをして、③「無料口座開設」をクリックします。

 

2)GMOコインから届いた「登録メールアドレスの確認」メールでパスワード設定を行う

このような内容の「URL」のついたパスワード設定を促すメールが送られてくるので、メールからURLをクリックしてアクセスします。

 

「登録メールアドレス確認」メールからアクセスするとパスワード設定画面に移動するので、そこでパスワードを入力し、「設定する」をクリックします。

 

これでパスワードの設定が完了しました。「ログイン画面へ」をクリックします。

 

3)登録したメールアドレスとパスワードでログイン

登録した①メールアドレス、②パスワードを入力し、③「ログイン」をクリックします。

これで、アカウント作成は完了です。GMOコインの会員ウェブページにログインできるようになりました。

しかし、現段階では、仮想通貨の出入金機能しか使う事ができません。「GMOコイン」の全ての機能を使うことには、「本人確認」が必要です。

続けて、本人情報登録の手続きを行います。

 

2.本人確認書類の提出

本人確認を行うと、「仮想通貨現物売買」、「仮想通貨FX」、「日本円の入出金」が利用可能となります。「口座を開設する」をクリックします。

1)本人情報登録

登録ウィザードに従って、①氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・職業・国籍などを入力したら、②規約を確認して「同意する」にチェックを入れて、③「確認画面へ」をクリックします。

 

次に、内容を確認し、間違いがなければ「確定」をクリックします。

 

2)本人確認書類の提出

本人確認の方法には、「1.本人確認書類の画像をアップロード」と「2.受取時に本人確認をする」の2つがありますが、「1.本人確認書類の画像をアップロード」が取引所口座開設では一般的ですので、今回は選択しました。

次に「1.本人確認書類の画像をアップロードする」をクリックします。

 

本人確認書類アップロードの画面に移りますので、①提出書類の種類を選択、②画像ファイルをアップロードして、③「画像と日付を確定する」をクリックします。

本人確認資料の例
運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票の写し、在留カード、特別永住者証明証など

 

 

 

これで、本人確認書類の提出は完了です。

審査結果は、数日後に登録した住所に郵便で届きます。

 

3)GMOコインより「本人確認書類の審査完了」郵便が届く

登録した住所へGMOコインから「口座開設コード」が記載された書類が届きます。

 

4)「口座開設コード」を入力して口座開設完了

ログイン後、口座開設コード入力画面で、書類に記載されている①「口座開設コード」を入力して、②「口座開設」をクリックします。

 

全ての本人確認手続きが完了したことで、入出金や取引を含むGMOコインの全ての機能を使えるようになりました!

 

3.おすすめ取引所

仮想通貨の売買を始めるには、まず、取引所に口座を開設する必要があります。

今回、私がおすすめする取引所を紹介します。

それぞれ特徴がありますので、私はケースによって使い分けています。

<Zaif(ザイフ)取引所>

 特徴 

・取引手数料が安い。

・積立でコインが購入できる。

・運営会社(テックビューロ)の体制が信頼できる。

・PCサイトがシンプルで使いやすい。

Zaif(ザイフ)の口座開設方法はこちら

 

<Coincheck(コインチェック)取引所>

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 特徴 

・ビットコインをはじめ、全14種類のアルトコインを取り扱っている

・新たに有望なアルトコインを取引通貨に組み込むことにも積極的

・不正ログインへの保証が100万円

・アプリが使いやすい

 

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法はこちら

 

<bitFlyer(ビットフライヤー)取引所>

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 特徴 
・仮想通貨取引量、ユーザー数が日本で一番多い。
・ビットコインをはじめ、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインを取り扱っている。

・不正ログインへの保証がある
・みずはファイナンシャルグループなどの大企業が出資を行っており、倒産や内部操作の危険性が低い。
・ビットコインのレバレッジ取引ができる。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法はこちら

 

4.まとめ

今回は、「GMOコインの口座開設方法」についてお話しました。

仮想通貨は、物を買うだけでなく、スマートコントラクトのような、今までにない技術で、社会の仕組みを大きく変える可能性があります。

それだけ将来性がある仮想通貨に投資することは、大きく資産を増やすチャンスになると私は思っています。

不安はあると思いますが、仮想通貨の市場はまだまだ狭く、今始めたら間違いなく先駆者になれます。

思い切ってはじめてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-仮想通貨, 資産運用

執筆者:


  1. あわ より:

    なかなか口座開設コードが届かないなー。

    • kazu123 より:

      他の取引所でも、なかなか本人審査が込み合っているみたいですね。
      私の時は、4~5日で届きましたよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo)含み損益報告(2017年11月5日現在)

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 本日は、iDeCoの含み損益について報告します。【11月5日現在】 2016年から、毎月2.3万円を拠出しています。 運用商品は、外国株式のインデックス …

【Zaif(ザイフ)仮想通貨積立】手数料や積立金額について解説!イーサリアムも積立可能に!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 もともと、確定拠出年金やNISAでの投資信託の積立、株の現物取引、FXなどの …

【Zaif(ザイフ)口座開設方法】本人確認も分かりやすく解説!!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。  ここ1~2年前から老後資金が心配となり、確定拠出年金やNISAでの投資信託 …

Coincheck(コインチェック)手数料が高いと言われるクレジットカード決済について!!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 ここ1~2年前から老後資金が心配となり、確定拠出年金やNISAでの投資信託の …

Coincheck(コインチェック)口座開設方法!!【本人確認も分かりやすく解説】

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 ここ1~2年前から老後資金が心配となり、確定拠出年金やNISAでの投資信託の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。