アラフォー新米パパのコツコツ投資日記

仮想通貨投資、確定拠出年金、株や投資信託の現物取引について体験談を書いていきます

仮想通貨 資産運用

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設方法【本人確認も分かりやすく解説】

投稿日:2017年10月27日 更新日:

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。

確定拠出年金やNISAでの投資信託の積立、株の現物取引、FXなどの投資経験がありますが、資産分散や将来性を期待して、今年の10月より「仮想通貨投資」にもチャレンジしています。

今回は、実際の体験談としてbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設の方法を紹介したいと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

1.bitFlyer(ビットフライヤー)無料アカウント作成

bitFlyerで仮想通貨を取引するには、取引口座を開設し、自分のウォレット(財布)を作る必要があります。

この口座の開設のことをアカウントの作成といいます。

 

まず、下記のバナーをクリックし、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトへアクセスします。

      ⇩
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

アカウント作成には、「facebookでアカウント作成」「Yahoo!IDで作成」「Googleで作成」と

「メールアドレスとパスワードを入力する方法」があります。

今回は、メードアドレスとパスワードを使う方法を説明します。

1)まず、bitFlyer(ビットフライヤー)のウェブページで「無料アカウント作成」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

 

2)次に、①メールアドレスとパスワードを入力し、②「無料アカウントを開設」をクリックします。

 

3)すると、bitFlyer(ビットフライヤー)から「アカウント登録確認メール」が届きます。

メールの内容には、「キーワード」が記載されています。

 

4)キーワード入力画面に、①キーワードを入力し、②「アカウント作成」をクリックします。

 

5)「ご登録ありがとうございます」と表示さたウェブページに移動しますので、

ここで、①4つの項目に同意・理解した上でチェックをし、②「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

これで、メールアドレスとパスワードが登録されて、bitFlyer(ビットフライヤー)へログインできるようになりました。

しかし、本人情報と本人確認資料の提出、銀行口座情報を登録しないと、全てのbitFlyer(ビットフライヤー)の機能を使用できません。

 

つづけて、取引までの流れを確認し、「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックして、取引に必要な情報入力に進みます。

 

はじめに、本人情報登録を行います。

2.本人情報登録

1)登録ウィザードに従って、①氏名・性別・生年月日・国名・住所・連絡先電話番号を入力し、②「登録情報を確認」をクリックします。

 

2)内容確認ページに移動しますので、間違いがなければ「ご本人情報を登録する」をクリックします。

 

次に、本人確認資料の提出を行います。

3.本人確認資料の提出

1)「続けてご本人確認資料を提出する」をクリックします。

 

2)①提出書類の書類を選択し、②「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

 

3)つづけて、①②画像ファイルをアップロードし、③「本人確認資料を提出する」をクリックします。

本人確認資料の例

運転免許証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カード・各種健康保険証・各種年金手帳・各種福祉手帳・印鑑登録証明書・住民票の写し・在留カード・特別永住者証明書

※詳しくはこちらを確認してください。

 

次に、銀行口座情報の登録を行います。

4.銀行口座情報の登録

1)「続けて銀行口座情報を登録する」をクリックします。

 

2)①銀行名・支店名・口座種別・口座番号・銀行口座名義(姓名)を入力し、②「登録情報を確認する」をクリックします。

 

3)内容を確認し、間違いがなければ「銀行口座情報を登録する」をクリックします。

 

最後に、取引目的等の確認を行います。

5.取引目的等の確認

1)「続けて、取引目的等を確認する」をクリックします。

 

2)①「外国の重要な公人」について、職業・取引の目的の当てはまるものにチェックして、②「入力する」をクリックします。

 

これで、取引時確認の入力は完了です。

 

6.bitFlyer(ビットフライヤー)より郵便が届く

数日後、bitFlyer(ビットフライヤー)より転送不要の簡易書留郵便が、登録した住所に届きます

これで全ての手続きが完了し、入出金や取引を含むbitFlyer(ビットフライヤー)の全ての機能を使えるようになりました!

 

7.おすすめ取引所

仮想通貨の売買を始めるには、まず、取引所に口座を開設する必要があります。

今回、私がおすすめする取引所を紹介します。

それぞれ特徴がありますので、私はケースによって使い分けています。

<Zaif(ザイフ)取引所>

 特徴 

・取引手数料が安い。

・積立でコインが購入できる。

・運営会社(テックビューロ)の体制が信頼できる。

・PCサイトがシンプルで使いやすい。

Zaif(ザイフ)の口座開設方法はこちら

 

<Coincheck(コインチェック)取引所>

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 特徴 

・ビットコインをはじめ、全14種類のアルトコインを取り扱っている

・新たに有望なアルトコインを取引通貨に組み込むことにも積極的

・不正ログインへの保証が100万円

・アプリが使いやすい

 

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法はこちら

 

<bitFlyer(ビットフライヤー)取引所>

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 特徴 
・仮想通貨取引量、ユーザー数が日本で一番多い。
・ビットコインをはじめ、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインを取り扱っている。

・不正ログインへの保証がある
・みずはファイナンシャルグループなどの大企業が出資を行っており、倒産や内部操作の危険性が低い。
・ビットコインのレバレッジ取引ができる。

キャンペーン期間中に外部ウォレットから bitFlyer のウォレットに指定の金額以上をお預入・お取引された方に最大 10 万円をプレゼント!

今なら、本社移転に伴うキャンペーンで、最大10万円プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法はこちら

 

8.まとめ

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法についてお話しました。

仮想通貨は、物を買うだけでなく、スマートコントラクトのような、今までにない技術で、社会の仕組みを大きく変える可能性があります。

それだけ将来性がある仮想通貨に投資することは、大きく資産を増やすチャンスになると私は思っています。

不安はあると思いますが、仮想通貨の市場はまだまだ狭く、今始めたら間違いなく先駆者になれます。

思い切ってはじめてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-仮想通貨, 資産運用
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【ZMP再上場はいつ?2017?】関連銘柄保有中の含み損益報告(2017年10月30日)

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 老後資金を堅実に確定拠出年金やNISAで投資信託を積み立てたり、方や億り人を夢見て、ハイリスク・ハイリターンの株現物取引、FX、仮想通貨などの資産運用を …

個人型確定拠出年金(iDeCo)含み損益報告(2017年11月5日現在)

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 本日は、iDeCoの含み損益について報告します。【11月5日現在】 2016年から、毎月2.3万円を拠出しています。 運用商品は、外国株式のインデックス …

【アルトコインとは】有望なコインの特徴まとめ&おすすめの取引所はどこ!!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 ここ1~2年前から、老後資金が心配となり、確定拠出年金やNISAでの投資信託 …

【Zaif(ザイフ)仮想通貨積立】手数料や積立金額について解説!イーサリアムも積立可能に!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 もともと、確定拠出年金やNISAでの投資信託の積立、株の現物取引、FXなどの …

【ビットコインとは】簡単説明(仕組み、チャート、おすすめ取引所について)!!

こんにちは。アラフォー新米パパのKAZUです。 今年の五月に長男が生まれて、子育てと今後の生活設計に四苦八苦しております。 ここ1~2年前から老後資金が心配となり、確定拠出年金やNISAでの投資信託の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。